しんどみ食堂

見たものの感想とか残していきます!興味がいろんな方向にいきやすいので基本全てのことににわかですが許してください💦

ゴッホ展

ゴッホ

 

11月の頭くらいに観に行ってきた〜

※にわかですすみません

 

ラッキーなことに数年前にヴァンゴッホ美術館に訪れる機会があり、そこでゴッホってすげぇって思うようになったので今回東京で開催されたゴッホ展に足を伸ばしました 

 

ゴッホってもちろん絵も魅力的なのですが、彼の人生自体も多くの人を魅了してるんだと思います

 

ゴッホといえば耳切り時間が有名で頭がやばい天才みたいなイメージを持ちがち(?)ですが実際は他の面も持ち合わせている人なんじゃないかなぁ思います

 

今回ゴッホ展を観て思ったのは

 

 

①実は愛情に溢れた人なのでは

 

なんだか天才というと孤高の天才みたいなイメージがあった

ゴッホも人間関係がうまくいってるイメージないし(まぁ実際それはそうだが)孤高の人なのかなと

思ってました

 

だけど実際は弟テオに手紙を書きまくり

 

伝道師をしていた際は高い感受性で、村の人々に自分のものを多く与え

 

黄色い家で一緒に住む画家を募ったときには、人が集まってくることを楽しみにひまわりの絵などを描きまくり

(実際はゴーギャン以外誰も来なかったが)

 

そしてそれなりに恋愛もしている 

 

実際はすごく愛に溢れた人だったし、誰よりも孤独から逃れたいと思ってたんですかねぇ

 

不器用さがいつも人間関係を壊してしまっていたような印象を受けました

 

 

 

②意外にもしっかりと計算して描かれた絵、そしてなにより努力家

 

ゴッホが筆を取ったのは確か27歳くらいの時だったそう。そっから37歳で自殺をしてしまうまで10年間で2000点もの作品を残したと言われている

 

いやぁ元々絵が好きだったとはいえ、たった10年でこんだけすごい作品を後世に残せるのはすごいでしょ、私10年で絵描くの全く上達してないよ

 

じゃあどうやってうまくなったのか

それはゴッホも普通の人間と同じで

めちゃくちゃちゃんと練習をして、そして新しい技法を試しまくったからです

 

しっかりと人体デッサンを行い

そして静物画の油絵

ゴッホが描きたかった農民の絵

印象派との出会い

浮世絵との出会い

常に描き方のアップデート...

 

最後はただ実物を見るだけでなくイメージの世界でさらに絵画を膨らませました

 

基礎を身につけ、そして過去の技法や新しい技法さまざまなものを試し自分に落とし込む

それを続けていたからこんな素晴らしい作品を作り出せたんだと思います

 

ちなみにゴッホってめっちゃ筆早そうな印象だったのですが(実際に晩年はかなり早かった思われるが)、実は絵を描く前にテーマや使う色などしっかりと決めてテオにお手紙で知らせてたらしいですね

 

計画性あってのあの素晴らしい作品たちなのかも

 

 

③弟テオの兄弟愛がすげぇ

ゴッホに弟がいるのは覚えてましたが、どんな関係かよくわかってなかったのですが、今回で少し理解できました

 

本当にこの兄弟、兄弟愛がすごい

というか弟テオがちゃんと最後まで兄ゴッホのことを信じているのがすごいと思いました

 

なんかゴッホって絵が売れなかったし、貧しい生活をしていたみたいな話をよく聞いていたので、貧しいというイメージがあったのですが

(まぁ実際にある程度は貧しかったと思う)

 

それでも働かずに絵画を続けることができ、それなりに拠点を移してるのが不思議でした

 

多分実家がちゃんとしていることと、テオの資金援助のおかげですね

なんだかんだ実家もゴッホに資金援助をしていた模様

父親と関係が悪くなってからはテオが資金援助をしまくってた模様

黄色い家もテオの金でから借りてるらしい...

 

まじでゴッホ、弟テオのヒモと言っても過言ではない

 

まぁこの援助のおかげで後世ではこんなに評価される作品たちができたのですが

 

ゴッホの貧しさというのは、限界まで貧しいって意味では無いんだと思います。やはり多少の余裕はないと絵は描けないんじゃ無いでしょうか

 

ゴッホが亡くなって数年、テオも病死無くなっています

一因としてゴッホを失った悲しみもあるんでしょうね

 

 

 

 

 

あと最後にゴッホどう考えてもINFPだよなぁと思ったんですけど、どうなんですかね

 

(私はINFJかPの性格診断がよく出ます)